ペットの飲み水について

【必見】ペットに最適な飲み水を考える|尿路結石から守るための水選び

更新日:

ペットの飲み水について、気にしたことはありますか?

我が家では野良で拾った2匹の猫を飼っています。
1匹目の子が拾った時点で猫エイズを発症していたため、餌や水については人一倍気を使ってきました。

ネットで検索してみると、「ペットの飲み水は水道水で十分」と書かれているサイトが多いです。

大きく間違ってはいないのですが、ここでは「なぜ水道水が無難と言われているのか」についてもう一歩踏み込んで考え、ペットにとって理想的な水について理解を深めましょう。

あんこ
このページの内容は猫、犬、うさぎを想定して書いています。そのほかの動物では最適な水が違うこともあるので、ご注意ください。にゃ。

 

ペットの飲み水に最適なのはどんな水?

野生の動物は食べ物から水分を摂取しますが、ペットの主食は大半がドライフードでしょう。
食べ物からの水分摂取がほとんど期待できません。

ペットにとってはフードだけで足りていない水分を補給しなければならないため、飲み水の重要性はとても高いです。

チュールから水分補給すればカンペキにゃ
きなこ
あんこ
太るで…

 

水の性質と種類を知ろう

普段あまり意識することはありませんが、飲み水にも性質や味の違いがあります。

溶けている成分や性質など、水にはいろいろな数値があるのですが、飲み水として気にするべき項目は硬度pHです。
硬度については気にしたことのある方も多いかもしれませんね。

pHというのは、その水がアルカリ性なのか酸性なのかということです。
pHは0~14まであり、低いと酸性、高いとアルカリ性、真ん中の7付近だと中性とされます。

硬度というのは、水に含まれているミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)の量です。
ミネラル成分が多いと硬水、少ないと軟水になります。

図にするとこんな感じです。

更に細かく分けると軟水と硬水の間の中軟水や、酸性寄りの中性のことを弱酸性と呼ぶこともありますが、ここでは割愛しますね。

ここテストに出るにゃ
きなこ
あんこ
出ませんにゃ…

 

ペットにいいのは中性の軟水

これらの水のうち、猫や犬、うさぎなどの動物に最適なのは中性の軟水です。

中性の軟水以外の水を飲み続けると、尿道に結石ができる「尿路結石」のリスクが高くなります
長期的に摂取することで、腎臓に負担をかけてしまうこともあります。

 

尿路結石はペットの病気として身近なものですが、痛みもあり、ひどいときは手術になることも。

一度なってしまうと再発もしやすいと言われているので、餌や水には気を使ってあげたいところですね。

きなこ
病院は行きたくない…行きたくないにゃ…

 

硬度では判別できないミネラル成分

水の硬度はカルシウムとマグネシウムの量を表していますが、硬度では判断できない他のミネラル成分として、バナジウム、亜鉛、有機ゲルマニウムがあります。

これらのミネラルが含まれた天然水は希少な価値があるとして人気ですが、ペットに与えると腎臓に負担をかけてしまうことがあります。

長期的に与えると食欲不振・嘔吐・腎不全などが起こることもあるので、ペットの飲み水にはこれらのミネラル成分も含まれていない水がいいでしょう。

あんこ
バナジウムは犬や猫の糖尿病にいいという話もあるにゃ。でも副作用のことを考えると手放しで飲み続けられるものでもないのが悩ましいところにゃ
あんこ、最近おなかが出てるから気にしてるのかにゃ?
きなこ
あんこ
ち、ちがうにゃ!

 

水道水はどんな水?ペットに飲ませて平気?

ある程度の地域差はあるものの、水道水は中性の軟水になるよう調整されています

カルキがペットの体に与える影響への懸念もありますが、置き水として考えれば菌が繁殖しにくいメリットもあります。

これらのことから、ペットの飲み水は水道水が無難だと言われています。

 

水道水の安全性と危険性

日本の水道水は、水道法という法律のもとで管理されています。
この法律はかなり厳しく、日本の水道水は世界で見てもトップレベルの品質を誇ります。

こういった背景もあって、ペットの飲み水には水道水で十分だと言われているんですね。

しかし、日本の水道法が適用されているのは浄水場での水質です。
水が私たちの家に届くまでに通る給水管、マンションや団地の給水タンクの状態については、管理が追いついていないのが実情です。

実際、我が家は団地ですが、梅雨から夏にかけては浄水器をつけていても水道水が不味いです。

また、水道水は中性に保たれていると言われますが、東京都水道局のホームページによると水道水のpHは6.8~8.1
弱アルカリ性とも呼べる水が中性として配水されているのは、ペットのいる家庭にとっては軽視できません。

我が家では東日本大震災での経験から、災害時のことも考えてウォーターサーバーの導入を考えはじめましたが、いろいろと調べているうちにこういった情報を知り、当たり前のように水道水に安心感を抱いていたことに少し怖さを覚えました。

それまでウォーターサーバーについては「水が清潔そう」「家まで運んでくれるのは便利かも」という "なんとなく良さそう" のイメージでしたが、給水管や給水タンクを通さずに自宅まで密閉容器で届くこと、家に貯蓄しておけることに明確なメリットを感じました。

今では水質までチェックして選んだウォーターサーバーの水で、私はもちろん、飼い猫2匹も毎日ご機嫌にお水を飲んでくれています。

我が家はこれまで水道水だったので、水にかかる費用の観点で言えば出費は少し増えました。
それでもこの子たちの健康のこと、災害時に飲み水に困らなくていいことを考えれば、置いてよかったと思います。

最近、水がおいしいにゃ…ペロペロ
きなこ

 

ウォーターサーバーならどれでもOKではない

ウォーターサーバーで使われている水もメーカーによって様々です。

水道水は51項目の基準に沿って調整されています。対するウォーターサーバーやミネラルウォーターの基準は39項目
基準だけでいえば、市販の水は "ゆるい" です。

ですので、この基準に甘えず、品質管理が徹底されたウォーターサーバーを選ぶ必要があります。

人間だけが使うウォーターサーバーに比べて、ペットにも安心な水が使われているウォーターサーバー選びは少し難しいです。

私もウォーターサーバーを選んでいたときは、かなりの下調べと問い合わせに時間と労力を費やしました。
そのときの経験を活かして立ち上げたのがこのサイトです。

飲み水についてはどうしても「なんとなく」で済ませてしまいがちです。
そこでほんの少し意識するだけで、ペットたちの健康への影響がガラッと変わります。

ペットの飲み水に意識を向ける飼い主さんが増え、健康に長生きできるペットが増えることを願っています。

【ペットも飲める安心のおすすめウォーターサーバー】

 

 

ペットの飲み水についてのまとめ

このページの内容をまとめておきます。

  • 水にはpHという指数によってアルカリ性・中性・酸性に分けられる
  • 水のミネラル成分に含有量によって硬水と軟水に分けられる
  • ペットに良いのは中性の軟水
  • 中性の軟水以外を飲み水にすると尿路結石のリスクがあがる
  • 成分が多いと腎臓への負担がかかる
  • 水道水は中性の軟水のため無難だが、疑問視される声もある
  • しっかり選んだウォーターサーバーの水は、ペットにも人間にも健康面のメリットが多い
  • ミネラルウォーターのペットへの良し悪しは一概に言えないが、きっちりと理解している場合以外は上げない方が無難

ペットの飲み水に意識を向け、健康に長生きしてもらえるよう頑張りましょう。

-ペットの飲み水について

Copyright© ペットのためのウォーターサーバー比較サイト , 2017 All Rights Reserved.