犬や猫、うさぎなどを飼っている家庭のウォーターサーバーの選びをお手伝いするサイトです。

ペットのためのウォーターサーバー比較サイト

ペットに最適なウォーターサーバー

【ペット】猫ちゃんに飲ませて大丈夫なウォーターサーバーの選び方

更新日:

 

ーーーーー改修中のため、一部表記が崩れていることがあります。ご了承くださいm(__)mーーーーー

 

「安全な飲み水をあげたい」
「尿路結石や腎臓病からペットを守りたい」

これは飼い主にとって当然の思いですよね。

私もこのサイトを立ち上げるより以前に、飼い猫に安心して上げられる安全なお水のために、ペットの飲み水について調べたり、ウォーターサーバーの解説サイトや比較サイト、公式サイトなどを見て回りました。

子供や赤ちゃんへの影響について書かれているところは多いものの、ペットについての有益なことを記述しているところは少なく、ウォーターサーバー選びにとても苦戦した経験があります。

このページでは、そのとき得た経験と知識を活かし、猫の飲み水と最適なウォーターサーバーについてご紹介していきます。

 

猫にとって安全な飲み水

猫にとって理想的な飲み水には3つのポイントがあります。

  • 体に良い
  • 匂い・味
  • 温度

この3つのポイントを抑えるためのウォーターサーバー選びをしていきます。

 

猫の体に良い水

水にはpHと硬度、2つの数値があります。

pHというのは水に溶けている水素イオンの濃度を表します。
ピンとこないと思いますが、これによって酸性・中性・アルカリ性が決まります。

硬度は水に溶けているミネラル成分(カルシウムやマグネシウムなど)を表します。
ミネラル成分が多いほど硬水、少ないほど軟水となります。

この2つの数値を交わらせると、6種類の水に分けられます。

ペットの飲み水やペットのためのウォーターサーバーのサイトでは「ペットに安全なのは軟水」とよく書かれていますが、pHも見るべきです。

そして猫の体に良い水は「中性の軟水」です。

 

中性の軟水が体に良い理由

飲み水に左右される病気は尿路結石と腎臓病です。

尿路結石とは尿道に石が出来てしまう病気です。

尿路結石は病気としては身近で、名前はよく聞きますよね。

尿路結石対策のフードなんかもよく売られてたりしますね。

尿路結石はオシッコの性質が深く関係しています。

猫のオシッコがアルカリ性・酸性、どちらに傾いていても、結石ができてしまいます。どちらに偏るかによってそれぞれ違う石ができます。

また、ミネラルを摂取しすぎると尿道でミネラルが結石となってしまうこともあります。

これらのリスクを最小限に抑えられるのが中性の軟水です。

ちなみにロイカナ(ロイヤルカナン)の療法フードによくあるpH調整とよく書かれているのは、フードの成分を中性に保っているので尿路結石のリスクが抑えられるフードですよという意味です。

フードで気にされているのですから、水にも配慮が必要なのは当然でしょう。

腎臓病は水の温度とも関係しているので後述しますね。

 

匂い・味

猫は口にするものにとても敏感です。

餌や水を口にするとき、慎重に匂いをチェックしている姿を見かけると思います。

うちの子も水には超敏感で、しっかりと匂いをチェックし、少しでも古くなっていたら口をつけません。古くなっているといっても我が家では基本的に1日3回は変えていますので、それでも飲まないことがあると考えると、このチェックはかなり厳しいです。

水の匂いと味に関係しているのは硬度です。人間にとっても口あたりや味の違いを感じる方は多く、軟水は口あたりがまろやかで喉通りが良く、硬水は飲みごたえがあります。

ペットの飲み水としてはミネラル成分が少ない方がよく、軟水がいいのはもちろんのこと、軟水の中でも更にミネラル成分の少ない超軟水などをすすめられることもあります。

ただし、ミネラルの量は匂いと味に大きな影響を及ぼします。

ウォーターサーバーの中には、ミネラルを極限まで取り除いたRO水という水が採用されているメーカーがあります。ミネラル成分がほとんど含まれておらず、赤ちゃんのミルクを作るのに向いていると言われています。

猫にとっても体に良い水となりますが、普段の水と匂いが違うのか、「飼い猫がRO水に口をつけない」という口コミが多くありました。

日本は軟水の国ですので、水道水や湧水も軟水となっています。

おそらくこれを基準に飲める水、飲めない水を判断していると考えられます。

いくら体に良くても飲まれなければ意味がないので、猫のいる家庭ではRO水のウォーターサーバーは避けた方がいいでしょう。

 

温度

ペットの飲み水は温度も大切です。

やけどしない程度に温かい分には問題ありませんが、冷たすぎるとお腹を壊したり、腎臓に負担をかけてしまうことがあります。

ウォーターサーバーの水は冷水と温水がいつでも出せるものが多いですが、冷水は冷蔵庫に入れた水ぐらい冷たいので、そのまま上げるのにはあまりよくありません。

我が家では冷水に少し温水を混ぜて上げています。

 

これらのポイントを踏まえて、42社のウォーターサーバーを比較し、猫にとっての最適度を算出ました。

分かりやすいよう最適度でランキング化しています。

メーカー フレシャス コスモウォーター ネイフィールウォーター オーケンウォーター ワンウェイウォーター
ブランド    
最適度
水の価格    
電気代    
安全性    
ノルマ    
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

+ 42社すべての比較表

五十音順に並んでます。

 

ペット最適度は5位以上はほとんど変わりなく、理想的な水です。

その中での順位は安全性と電気代を中心に、ペットにとっても人間にとっても使いやすいウォーターサーバーとしての順位をつけました。

 

猫に飲ませて安心なウォーターサーバーランキング

1位 Frecious(フレシャス)

水の猫最適度 水の価格
500ml換算
電気代
1ヶ月あたり
安全性

硬度20 pH7.5

82円 330~700円 温・冷にロック有

フレシャスはペットにとって理想的な水が提供されているウォーターサーバーです。

公式サイトにはペットの飲み水特集があり、ペットの飲み水として理解のあるメーカーという安心感もあります。

 

【水質チェック】フレシャス木曽

フレシャスで選べる3つの天然水のうち、「フレシャス木曽」が猫の飲み水に理想的なお水になっています。

 

中性の軟水で、バナジウムやシリカなどのミネラルも一切含まれていません。

フレシャスは水道水よりも安定したペットの飲み水として最適なウォーターサーバーです。

\フレシャスの詳細とお申し込みは公式サイトで!/

 

 

2位 コスモウォーター

コスモウォーターは足元ボトルで水の補充がしやすいウォーターサーバーです。

最近ではテレビCMをしていることもあって、順調にシェアを伸ばしているようですね。

 

【水質チェック】古都の天然水

コスモウォーターの3つの天然水のうち「奥京都 古都の天然水」が中性の軟水です。

 

余分なミネラルも含まれていないので、猫に飲ませても安心なお水ですね。

\コスモウォーターの詳細とお申し込みは公式サイトで!/

 

 

3位 ネイフィールウォーター

水の猫最適度 水の価格
500ml換算
電気代 安全性
硬度30 pH6.9 79円 400~800円 温・冷にロック有

 

 

【水質チェック】京ほのか

ネイフィールウォーターの3つの天然水のうち、「京ほのか」が猫に安全度の高いお水です。

 

中性の軟水で、猫に飲ませても安心ですね。

ネイフィールウォーターの詳細とお申し込みは公式サイトで!

 

 

水道水と比べたウォーターサーバーのメリット・デメリット

ペットの飲み水をウォーターサーバーの水にすることについて、水道水と比較してメリット・デメリットを解説します。

猫の飲み水をウォーターサーバー水にするメリット

 

  • 水道水よりもペットに適している
  • 水質が安定している
  • 貯蓄水として災害時や断水時も安心

 

災害時はどうすればいいかというシミュレートも考えたりしますが、水についての懸念がなくなるだけですごく楽です。

餌はドライフードをそのまま食べてくれますし、水でしょう。

災害時に食料や飲料水が不足した場合、配給されますが、ペットの分は配給されません。

 

 

猫の飲み水をウォーターサーバー水にするデメリット

 

  • 長い時間の放置には向かない

 

 

 

迷ったらフレシャス

 

飲み水にとって大きな違いはありません。

ペットにとってはどれを選んでも一緒です。

迷ってしまう場合は、

  • 電気代の安さ
  • 口コミの良さ
  • ペットの飲み水への理解

の3つの点から、フレシャスを選びましょう。

我が家でもフレシャスを使ってます。

 

 

猫のいる我が家がフレシャスを置いてみての体験談

うちの猫は元野良で、拾ったときは既にエイズ発症済みでした。

よくお腹を壊すので、食べ物や飲み水には人一倍気を使ってきました。

水については、蛇口につけるタイプの浄水器を通した水道水を、ピュアクリスタルに入れたものを上げていました。

おなかも壊さずよく飲んでくれたいたので数年そのまま続けていました。

「楽だし飲んでくれるし、水道水で十分」、そう思っていましたが、考えを改めたのが関東大震災です。

私は関西在住ですが、用事があって震災翌日に東京へ遠征にいきました。

市場から水が消え、計画停電で電気もろくに使えず、

一時的な滞在でも不便で、お住いだった方はさぞ不便な思いをされたことと思います。

水がなくては生きていけませんし、電気が使えなければピュアクリスタルも使えません。

これをきっかけに、災害時も安心して水を上げられる環境を備えておきたいと思い、ウォーターサーバーに行き着きました。

ですが、ウォーターサーバーを調べてみてもペットにいいウォーターサーバーの情報もなく、獣医への相談、ペット向けミネラルウォーターの調査、ウォーターサーバーの各メーカーへ問い合わせ、ネットの口コミや知人の体験談、

あらゆる手段と時間をかけて、調べました。

当時は今ほどウォーターサーバーが普及されていなかったのでメーカーも情報も少なく、かなり苦労しました。

そのことがきっかけでこのサイトを立ち上げたに至ります。

今ではフレシャスの水を問題なく飲んでくれています。

飲む量が少し多くなりました。

ピュアクリスタルの置いておくだけの手軽さも楽ですが、水皿に入れてあげたその直後にぺろぺろと飲んでくれるのはまた違った嬉しさがあります。

 

エイズを発症しているだけあって、猫の健康への意識は人一倍強いと思いますが、その分、できるだけ安全な

飼いはじめた最初の数ヶ月以来、ワクチン以外で病院にかかったことはありません。

便やオシッコも健康的です。

健康に、少しでも長生きしてもらえるよう、工夫ができるところはしていきたいと考えています。

 

-ペットに最適なウォーターサーバー

Copyright© ペットのためのウォーターサーバー比較サイト , 2017 All Rights Reserved.